驚きの効果!黒酢にんにくで高血圧改善!
効果の高い黒酢にんにくを辛口に比較ランキング【黒酢にんにく2018】
黒酢にんにくのサプリ比較HOME » 黒酢にんにくの選び方! » 黒にんにくと普通のにんにくの違い

黒にんにくって知っていますか?

黒にんにくって聞いた事ありますか?

「黒にんにく」って聞いた事ありますか?

知ってると言う方はかなりの健康マニアですね!おそらくほとんどの方が初めて聞く言葉だと思います。

一般的なにんにくは真っ白な粒が皮の中に入っていますよね。黒にんにくとは一般の白いにんにくを高温・多湿という環境のもとで、約1ヶ月程度熟成させて作られたものです。長時間熟成されたにんにくは添加物を使用しなくても自己発酵し、その結果黒くなります。これが「黒にんにく」という名前の由来です。現在では一般的に「黒にんにく」と呼ばれますが、「発酵黒にんにく」「発酵にんにく」「熟成にんにく」と言われることもあります。この黒にんにくは通常のにんにくより遥かに栄養価が高いと言われ、最近注目を浴びている健康食品になりました。

黒にんにくと通常のにんにくの違いとは?

黒にんにくは通常のにんにくと比べると大きく変わる点がいくつかあります。にんにくは熟成の過程で徐々に黒くなり、一部の成分が変化し、最終的に真っ黒な黒にんにくが出来上がります。

黒にんにくの大きな変化は見た目が真っ黒になる事と、にんにく特有の臭いがなくなり、熟成する事でドライフルーツのような凝縮された甘みが出てきます。成分も通常のにんにくに比べ、アミノ酸(たんぱく質)が増加し、生ニンニクには存在しないS-アリルシステインという水溶性含硫アミノ酸が生成され、ポリフェノールが増加します。さらににんにく独自の抗酸化作用が格段に強まり免疫力強化作用が強まります。その結果、抗酸化力は原料となる生ニンニクに比べて著明に上昇し、がん予防、コレステロール低下、動脈硬化改善、心疾患予防などの効果が増強することが明らかになっています。

S-アリルシステイン

ニンニクを熟成させると、生にんにくには存在していなかったS-アリルシステイン(S-allylcysteine, SAC)やS-アリルメルカプトシステイン(S-allyl-mercapto-cysteine)という新しい成分が出現することが知られています。S-アリルシステインは水溶性イオウ化合物で、経口摂取でほとんどが血液中に吸収されます。S-アリルシステインは抗酸化作用や肝障害予防作用、がん予防作用、がん細胞増殖抑制作用など多くの効果が得られる事が最近の研究で判明しました。

がん予防の分野でも、臭いのないニンニクにはがん予防効果はないと考えられてきましたが、臭いのない水溶性含硫アミノ酸であるS-アリルシステインなどにも強いがん予防活性が見つかっています。ということは、「臭いのないニンニクにはパワーが無い」というのは間違いで、臭いがなくても抗酸化やがん予防、体力増進、疲労回復促進などの効能を持つ成分がニンニクの中には含まれていることが最近の研究で明らかになってきました。

ポリフェノール

黒にんにくを作る過程で水溶性含硫アミノ酸が生成されますが、これもポリフェノールの一種です。黒にんにくに含まれているポリフェノールの含有量は、にんにくの10倍以上と言われています。ポリフェノールには活性酸素を除去するはたらきがあるので、生活習慣病やガンなど様々な病気予防に効果が発揮されます。血液をサラサラにすることで、高血圧予防やコレステロールを減少させる作用もあります。

さらに黒にんにくに含まれるポリフェノールには、女性ホルモンのバランスを整え美肌効果や老化防止などのアンチエイジングにも絶大な効果があります。その他にも、精神的な作用もあり黒にんにくに含まれるポリフェノールには、ストレスを緩和して元気に長生きできる効果あるんです。

 

 

 

 
運営者情報
効果の高い黒酢にんにくを辛口に比較ランキング【黒酢にんにく2018】