花粉症やアレルギー性鼻炎症状緩和にも黒酢にんにくが効くって本当?
効果の高い黒酢にんにくを辛口に比較ランキング【黒酢にんにく2018】
黒酢にんにくのサプリ比較HOME » 黒酢にんにくの驚きの効能 » 花粉症やアレルギー性鼻炎症状緩和にも黒酢にんにく

花粉症や鼻炎が起こる仕組みを知ろう!

花粉症や鼻炎が起こる仕組みを知ろう!

つらい花粉症やアレルギー性鼻炎の原因を探ってみました。通年性と季節性の2タイプあるようです。通年性は季節問わず起こり、主にハウスダストによるもので、通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれています。また、季節性はその季節特有の花粉などによるもので、花粉症と呼ばれています。

どちらもアレルゲンと呼ばれるアレルギーの原因が鼻の粘膜に付着することで、体内に抗体が作られます。この抗体が肥満細胞に付着して、再度アレルゲンが入ってくるとヒスタミンやアレルギーの誘発物質を放出し、ヒスタミン受容体と言われる、ヒスタミンがぴったり合う穴に収まると、つらいくしゃみや鼻水などのアレルギー症状が発生するという仕組みになっています。

アレルギー患者は年々増加傾向にあるようです。原因は、各家庭やオフィスにエアコンが普及していることで、室内の埃などが換気されずに残ってしまうこと、他には、鼻粘膜の修復力が弱くなっていることなどが挙げられます。

黒酢にんにくはアレルギーの救世主?

黒酢にんにくはアレルギーの救世主?

黒酢にんにくには、新陳代謝を高める成分であるアミノ酸が豊富に含まれています。このアミノ酸は花粉症対策に大変良い働きをしてくれるのはご存知でしょうか。

仕組み編では、鼻粘膜の修復力について触れましたが、この粘膜細胞の修復が弱いとつらい症状が中々落ち着くことがありません。人の細胞は28日周期で新たしいものに生まれ変わるのですが、これがうまくいかないのですね。

少しでも新陳代謝を正常にし、修復力を高めて症状を和らげていくには、黒酢にんにくのアミノ酸効果が期待できそうです。

アミノ酸は食品から摂取しようとしても少量しか摂れず、また一時的に摂取したところで症状の緩和には繋がらないので、年間通して気軽に飲める黒酢にんにくはアレルギー持ちの救世主とも言えるでしょう。

どのくらいの期間と量を飲めばいいの?

花粉症などのアレルギーに大変良い効果を現してくれる黒酢にんにくですが、一体どのくらいの期間、どのくらいの量を飲めばいいのか気になるところ。

まず飲む期間ですが、これは常に粘膜を良い状態に保ちたいので年間通して毎日欠かさず飲み続けてください。飲み続けることで、徐々に症状が和らいでくるのが実感できるかと思います。症状がでてきてから飲むのではなく、ターンオーバーの28日周期を意識して、症状がで始まる1ヶ月前くらいから飲み始めるのがベストでしょう。飲む量は、メーカーによって様々ですが、だいたい2粒から4粒目安となっています。

私も毎年花粉に悩まされていたのですが、症状がひどいな、ひどく出そうだなという時には2粒のところ4粒に増やして飲んでいました。

注意点としては、お腹が極端に弱い方だとお腹がゆるくなってしまうことがあるということを頭に入れておいてください。

 

 

 

 
運営者情報
効果の高い黒酢にんにくを辛口に比較ランキング【黒酢にんにく2018】