黒酢にんにくで肌の調子がよくなる理由とは?
効果の高い黒酢にんにくを辛口に比較ランキング【黒酢にんにく2018】
黒酢にんにくのサプリ比較HOME » 黒酢にんにくの驚きの効能 » 黒酢にんにくで肌の調子が良くなる理由

黒酢にんにくの美肌効果とは?

黒酢にんにくの美容効果やアンチエイジング効果とは?

黒酢にんにくにはダイエット効果があると有名ですが、実は美容効果やアンチエイジング効果があると言われているのは知っていますか?

ここでは黒酢にんにくに含まれている美容に有効的な成分を紹介しています。ダイエットも興味あるけど、美容やアンチエイジングに興味がある人は必見です!

黒酢に含まれる美容成分

黒酢には美容効果が高いと言われているセリン・シスチン・グリシン・スレオニン・ヒスチジンが含まれています。「若々しくハリのある肌に戻りたい」「最近シミ・しわが気になる」「肌の衰えが気になる」と言うお悩みがある方には黒酢にんにくがおすすめなんです。

セリン

セリンは肌の角質に存在し、肌の水分を保つ天然保湿成分に最も多く含まれる成分として化粧品にも配合されています。セリンはわずか0.01mmの薄い角質層がウイルスや細菌などの異物から体を守り肌へのダメージを抑え、さらに肌の水分が逃げないように水分を保持してくれます。

シスチン

シスチンはメラニンの生成によって皮膚にできたシミを消すのに効果的なアミノ酸です。シミの原因となるメラニンをつくる酵素であるチロシナーゼの活性を抑制する作用があるためです。また、肌の新陳代謝行動と言われるターンオーバーを促進させる効果もあり、つくられたメラニンの排泄を促してくれます。

グリシン

グリシンは皮膚のコラーゲンを生成するアミノ酸のうち約3分の1を占めています。コラーゲンは肌の奥にある真皮層の大部分を占めており、肌の弾力を支える重要な成分です。グリシンは、そのコラーゲンを構成しているため、肌のハリや弾力を保つのに必要な成分といえます。

スレオニン

スレオニンは肌の潤いを保つ天然保湿成分にも存在します。角質層がウイルスや細菌などの異物から体を守り、肌のダメージを抑えます。その上、肌の水分が逃げないように水分を保持してくれます。

ヒスチジン

ヒスチジンは紫外線による皮膚への刺激を軽減させる効果があるのでシミやそばかす、皮膚ガンの予防に効果があるといわれています。さらに、ストレスの軽減や慢性関節炎の緩和などにも働きかけます。

にんにくに含まれる美容成分

にんにくの臭いの元でもあるアリシンやにんにくを食べる事で得られる栄養素に含まれる成分は美容に必要な抗酸化作用を活発かさせてくれます。

アリシン

アリシンが持つ抗酸化作用は非常にアンチエイジングにとって重要な役割を果たします。私たちは生きていく上で呼吸によって酸素を体内に取り入れますが、その酸素はふとしたきっかけで活性酸素と言う老化を促進させる成分に変わってしまいます。

この活性酸素を減らす為に働いてくれるのがアリシンの持つ抗酸化作用です。このアリシンを常に摂取することが出来れば美容効果が期待できますね。

黒酢にんにくと合わせて始めたい生活習慣の改善

黒酢にんにくが美容効果やアンチエイジング効果に最適なのは成分を見ても分かりましたが、もし可能であれば生活習慣も見直したいところです。

一番直したい生活習慣はズバリ「睡眠」です!

睡眠の理想は22時から深夜2時までの間はぐっすり眠れることです。例えば21:30〜6:00まで寝るようにすると理想的と言えます。ではなぜ22時から深夜2時なのかと言うとこの時間帯には美容ホルモンが1日のうちで一番多く出る時間と言われているからです。このホルモンに合わせてサプリを摂取するとさらに美容効果がありますので、夕食後又は寝る前に黒酢にんにくを摂取する事をおすすめします。

 

 

 

 
運営者情報
効果の高い黒酢にんにくを辛口に比較ランキング【黒酢にんにく2018】